申請すると補助金がもらえる?

申請すると補助金がもらえる? 住宅のリフォームでは国や地区町村などの自治体が定める補助金制度が設けられている場合があります。例えば、耐久性や耐震性、省エネ効果が期待でき、維持管理がしやすい長期優良住宅化へのリフォームなどです。他にも住宅に性能が高い断熱材や窓などの断熱機能を向上させる改修や、家庭用燃料電池システム「エネファーム」の導入にかかる補助などもあります。より良い街づくりに住宅の重要性が考えられているのです。補助金の給付金額は規模や条件に応じて、数十万円にもなることがあるため利用しない手はありません。
補助金制度に申請する際には、手順や注意点を十分把握しておく必要があります。なぜなら、細かい条件の指定が決められているからです。申請期間はもちろん、地域復興のために地元の建設会社を指定していたり、補助金が上限に達して打ち切られたりすることがあります。お住まいの各自治体のホームページや窓口で相談してうえで、最新の情報を確認しておくようにしましょう。

雨水の排水に関するリフォーム

雨水の排水に関するリフォーム 雨水が排水されやすいようにリフォームをする作業は下水道法に関連して自治体が定める条例などがあるかどうかを確認してから行う必要があります。排水を行う方式や接続方法はリフォームを行う地域を所轄している下水道課などで前もって確認しておくことが必要になるのです。コンクリート柱水栓を用いるときには、蛇口の下側の方に流し台を取り付けることが可能なスペースが確保されているので、そこで発生する排水が雨水と一緒の浄化水であるとは限らないため雑排水として扱われることが少なくありません。
湧水や地下水の枯渇したことによって河川を流れる水の量が減少するのに伴って地盤が沈下したり水質が悪化したりすることがあります。また、地面に浸透しないで側溝などを通って短い時間で河川に雨水が流れ込んだりすると都市型の水害が発生しやすくなる原因になることがあるため雨水を有効利用したり宅地の中で処理したりすることを推進している自治体もあるので注意が必要です。

新着情報

◎2023/5/8

情報を追加しました。

> 古民家もリフォームでおしゃれな住宅に変化する
> オール電化の場合のリフォームに関して知っておこう
> リフォームは店舗を構えている業者を選ぶと安心です
> リフォームで2世帯住宅にするとき注意すべきこと
> リフォームで増築するときのポイントを調べておきたい

◎2018/6/14

申請すると補助金がもらえる?
の情報を更新しました。

◎2018/2/21

借家リフォームの注意点
の情報を更新しました。

◎2017/10/27

安全で快適な空間へ
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

太陽光発電リフォーム
の情報を更新しました。

◎2017/4/17

全面リフォーム
の情報を更新しました。

「リフォーム 補助金 」
に関連するツイート
Twitter

補助金リフォームについて、気になった方は公式LINEにてお気軽にお問い合わせください!✨ ▼公式LINE

旦那の住宅ローン&連帯保証人の私の審査も通った! 今日はガス・電気・水道が出るかを確認しに行けたので、この後は… どこをリフォームするか? 中古住宅の補助金はどこまで使えるか? そこらへんを調べてリフォーム業者に問い合わせだー!! やること多いな!

返信先:1番は補助金を使い安く設置できるということ 2番は結露 3番は暑さ寒さ 効果はあったと思います。 もう1回家を建てたいと思うくらい気密断熱の重要性を思い知らされました。 でも20年後はもっとすごい家が出てくるはず。キリがないのでリフォームで我慢です

リフォーム補助金200万円!

親が要介護者になったら本当はさっさと施設に入れてしまうのがいいんですが、自宅がいいと駄々をこねられリフォームが必要になったとき。 自治体で補助金めっちゃ出してるから絶対に調べること。 手すりとか設置したら補助金出るよ。本当は施設で暮らしてほしいけどね。